スタッフブログstaff blog

メニュー

スタッフブログ

2019/06/05

【考え方と見方】
【考え方と見方】

我が家は

実家の隣に建てました

敷地内同居という事になります

土地の選択肢はありませんでした

そして

今回建てた家の裏は

いわゆる【空き家】で

そこは通りの行き止まりの家で

人の往来もありません

引き渡し当初

住みはじめても

裏の家の木がボサボサなのが気になり

裏の家に面する窓のカーテンを

全て閉めていました

しかしある時友達が来てくれた時

「カーテン開けたら?

その方が緑が見えていいよ」

と言ってくれて

その言葉通りカーテンを開けてみたら

視界も変わり

採光もとれ

家の雰囲気も変わりました

そして

その時に気付いたのが

【裏の家の全貌が見える位置に窓がない事】

という事です

脱衣所もリビングも

裏の家に面した部分の

高い位置に窓があり

まるで

【フレームに飾られてる絵】

の様に見える事でした

建築家の先生が

家のプランを考えてくださる前に

建築予定地の我が家の

荒れ果てたその土地を見に来てくれました

その際

太陽が昇る方向

風の吹く方向

そして裏の家の件

全て見た上でこの家のプランを

つくってくださいました

当初は嫌だと思ってた部分が

今ではそのフレームに飾られている

まるで絵画を見るような感覚で

四季による青空の色や

植物の変化を楽しめます

写真は1枚目

脱衣所のFIX窓

写真2枚目

リビングの窓

お家にいらした方

皆さんからその緑を褒められます

緻密な計算をされた

窓の位置のおかげで

先入観を持たずに

違う見方をする事を

教えて頂きました

そしてそれは

大好きな景色に変わりました

Page top

PAGE TOP

資料請求

メールアイコン

相談会予約

メールアイコン