スタッフブログstaff blog

メニュー

スタッフブログ

2019/09/24

「高気密・高断熱の家」ってそもそもどんな家のこと?
「高気密・高断熱の家」ってそもそもどんな家のこと?

こんにちは(・ω・)☆コスモ建設の笠原です♪

朝晩ぐっと冷え込む日もあれば、日中はまだまだ暑かったりと、季節の変わり目を感じます・・・

体調を崩しやすい時期ですので、皆さまご自愛くださいませ!

こんな季節でも、お家の中では快適な生活が送れたらいいですよね(*^^*)

そんな願いを叶えてくれるのが「高気密・高断熱」

モデルハウスや広告でよく目にする機会も多いのではないでしょうか。

「暖かそう」「省エネ」といったプラスなイメージが多い「高気密・高断熱」。

実際高気密・高断熱にすることで、何がどういいのか?

自分のお家もそうすべきなのか?

今回はそんな疑問にお応えしようと思います。

────────────────────────────────────────

▼目次

・そもそも高気密・高断熱とは?

 └省エネ

 └温度差が少ない

・内断熱と外断熱の違い

 └外断熱のメリット・デメリット

 └内断熱のメリット・デメリット

・まとめ

そもそも高気密・高断熱とは?

「気密」とは、家を建てる際にできる隙間をできるだけなくし、家の中と外の空気の交わりを断ち切ることを言います。

「断熱」とは、断熱材で家を覆い、家の中と外の環境を分け、熱の伝わりを少なくすることを言います。

<気密測定中の風景です!>

ざっくり簡単に言えば、「高気密・高断熱」とはお家の中を密閉し、外と中の環境をはっきり分け、

空気や熱の流れが遮られている状態の事です。

もっと簡単に言えば、「エアコン一台で1年中快適に過ごせる」ということ。

では、そうすることで何がいいのでしょうか?

省エネ

冷暖房の効率がよくなり、年中快適に過ごすことが出来ます。

内部の空気が外に逃げにくいため、短時間のエアコン稼働でも効果が持続します。

また、エアコン設定温度と体感温度の差もほとんどありません。

温度差が少ない

冬場は暖房の暖かな空気が逃げることなく対流するので、家中どこにいても同じ温度で過ごすことが出来ます。

部屋と部屋の温度差だけでなく、上下の温度差も3℃までと、どこにいても快適です。

冬になると度々話題になるヒートショック。温度差による血圧の変動で心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうものですが、その原因となる温度差を解決することができます。

特に体温調整ができにくい高齢の方や、赤ちゃんのいるご家族には安心してお家で過ごして頂けます。

また外気が遮断されるので、花粉やPM2.5などに毎年悩まれている方にもオススメといえます!

内断熱と外断熱の違い

次は、2種類の断熱方法についてお話します。

断熱とは、断熱材を建物の内部に入れることで、外気の熱の出入りを遮断するものです。

この断熱材をどこに設置するかによって、外断熱になるのか、または内断熱になるのかが決まります。

外断熱のメリット・デメリット

外断熱は、建物全体を断熱材で包み込んでいるので気密性が高いことが特徴です。

そのため、建物の内側と外側の温度差が小さくなり、結露の発生を抑制することができます。

そうすることで、カビや錆びによる住宅の劣化を抑えられ、家が長持ちするというメリットもあります。

デメリットとしては、外壁が厚くなることです。

外断熱をするには、建物を建てる敷地や間取りに多少の余裕がなければなりません。

狭小地やデザインが複雑な間取りには向きません。また、高気密・高断熱であるがゆえに、換気も欠かせません。

外断熱をする場合には、同時に換気計画を立てる必要があります。

内断熱のメリット・デメリット

内断熱は、昔から使われている方法で、さまざまなメリットがあります。

まず、外壁に影響がないことです。外断熱と違って、柱のあいだに断熱材を設置するので外壁が厚くならず、都会などの狭小地でもデザイン性を損なうことなく断熱できます。

また、外断熱よりも費用が安いというメリットもあります。

建物全体を覆う外断熱と異なり、部分の断熱となるので、その分だけコストも抑えられます。

日本では一般的な施工方法です。

デメリットとしては、外断熱に比べて気密性が低いことが挙げられます。

外断熱のように建物全体を包み込んではいないため、多少なりとも隙間ができてしまいます。

また、気密性の低さから、結露が起きやすいという面もあります。

高断熱のマイホームを建てるときは、予算や土地の広さなどをよく考慮した上で、どのように断熱をするかを検討するとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「高気密・高断熱」はコスモ建設のこだわり。

家族みんなの暮らしを豊かにするために!

「ここまでやるの!?」と思われるくらい、絶対に手を抜かないポイントです。

後から変更がきかない部分だからこそ!

コスモ建設の「高気密・高断熱の家」、自信を持っておすすめします♪

────────────────────────────────────────

▼『建築家と建てる世界でヒトツの家』施工事例をもっと見たい方はコチラ

https://www.cosmo-kensetu.co.jp/gallery

▼リアルサイズのモデルハウス「folwith」はコチラ

https://www.cosmo-kensetu.co.jp/modelhouse

コスモ建設のリアルサイズのモデルハウスです!

家事動線や明るさ、過ごしやすさなどリアルな空間が体験できます♪

PAGE TOP